コラム

ジカ熱と小頭症ってどういう関係?

0
ジカ熱と小頭症ってどういう関係? 画像1

ジカ熱と小頭症ってどういう関係?

ブラジル保健省は、小頭症の新生児の増加をWHO(世界保健機関)に報告しています。
小頭症の新生児の母親の羊水から、ジカウイルスが見つかったことから、妊婦の感染が胎児に影響しているのではないかとみられています。
しかし、科学的にはハッキリ証明されておらず、多くの疑問が残されています。
WHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を発令して、注意を喚起しています。
馴染みのない「ジカ熱」「小頭症」とはどんな病気でしょうか。

ジカ熱とは?

ジカ熱とは、ジカウイルスによる感染症です。
ネッタイシマカやヒトスジシマカがウイルスを媒介することで広まります。
ジカウイルスは、1947年ウガンダの「ジカの森」のアカゲザルから始めて発見されましたが、感染の報告はほとんどありませんでした。
2007年に大規模な感染症として、ミクロネシア連邦で広まり認知されました。
日本国内で、感染した症例はありませんが、2013年以降、海外の流行地で感染して帰国し、発症した症例は、3例あります。

症状

蚊に刺されてから2~7日後に症状がでてきます。
通常、風邪のような微熱、頭痛、関節痛などの症状があり、発疹、眼球結膜の充血などがでますが、症状としてはあまり強くなく、死亡に至る報告はないようです。

治療

特別有効な薬はありません。頭痛や発熱に対しての対症療法を行います。

予防

ワクチンはありません。
ジカ熱流行地域で、蚊に刺されないことが重要ですから、虫よけを使用したり、長袖を着て皮膚を露出させないことが大事です。

小頭症とは?

通常人間の出生時の脳の大きさは、350g~400g位で、2歳位までに容積は3倍となり、頭も大きくなります。
頭蓋の骨と骨とのつなぎ合わさった部分を縫合といいますが、それが、胎児のうちに早期に癒合がおきてしまったり、欠損ができてしまうことで、頭蓋が変形してしまいます。
胎児の時、または出生時に脳と頭蓋骨が異常に小さく、結果として脳や脳神経に様々な程度の損傷や傷害がでるものを小頭症といいます。

小頭症の原因

胎児の発育中に有害物質にさらされることで引き起こされるものです。
ジカウイルス以外の原因としては、遺伝的な問題や風疹、水疱瘡、感染症、違法薬物やアルコールによる有害物質、フェニルケトン尿症との関連、などが挙げられます。

症状

胎児として生存できず、死産してしまいます。
たとえ産まれたとしても、小頭症で脳が未発達であれば、体が機能できない状態なので、ほとんどの場合早期に死亡します。
まれに生きた場合は、頭の外観が大変小さい、泣き声が甲高い、発達の遅れ、精神遅滞、発作、食欲不振などがあり、何らかの傷害があります。

小頭症の診断

妊娠中に診断するには、超音波などを使用し、出生前に診断することができます。
しかし、妊娠後期でもわからず、診断できないこともあります。
出生後では、X線、CTスキャン、MRI、血液検査、尿検査などにより、確定します。

治療法

治療法は、頭蓋骨を切断して、頭蓋内腔の容量が拡大できるように変形させ矯正します。
顔面形成や眼球突出などもすべて手術を行って矯正します。
手術以外の方法はありません。
ジカ熱と小頭症の関連があるのかどうか、研究が進んでいますが、妊娠中にジカ熱に感染しても産まれた子どもが小頭症を発症しなかった事例なども検証されているそうです。
一方、厚生労働省では、ジカ熱をデング熱やマラリアと同じ「4類感染症」に指定して、届け出を義務付ける感染症に指定しています。
特に妊婦さんは、当分の間ブラジルなど中南米へは渡らないほうが賢明でしょう。

執筆者:南部洋子(助産師)
監修医:坂本 忍(産婦人科)

Mocosuku_logo300_300_w

Mocosuku

『Mocosuku(もこすく)』は、世の中の様々な事象をヘルスケア・ライフスタイル視点で読み解くWebメディアです。「妊娠と出産」「家族と暮らし」「健康と病気」などを中心に、医師や専門家が監修した健やかに暮らす為の情報を毎日配信中です。