カルチャー

赤ちゃんにうどんをすする音を聴かせるとどうなる? 香川県がユニークな動画を公開

0

042 「ええ~っ、ホントぉ?」とつぶやきたくなる動画を発見! 赤ちゃんがお腹の中で聞く“胎内音”がうどんをすする音と似ているというのだ。しかも、動画に登場する京都大学大学院医学研究科の呉東進教授によると、「うどんをすする音を聴くことで、赤ちゃんがおだやかになることが実際に知られています。お腹の中で聴いていた音は、生まれてから聴いても、気持ちを和ませる効果が・・・」とのこと。うどんをすする音で赤ちゃんが喜ぶ???

040047 そんな驚きの関係性を紹介しているのは、香川県が公開している動画「うどんのひみつ」。出演しているのは、「うどん県」副知事の俳優・要潤だ。要がズルズルと音をたてて威勢良くうどんをすすると、ぐずっていた赤ちゃんが「ん、なにこのおと?」という表情をして泣き止むのが実に面白い。「なぁ~んだ、うどんのPRかぁ~」と言うなかれ。実は、この動画の主役はうどんではなく赤ちゃんのほうなのだ。

051 香川県は、2015年9月19日のかがわ育児の日に、日本一子どもを育てやすい県「イクケン香川」を宣言。出生率を向上させ、少子化の流れを食い止めるため、安心して子どもを生み、健やかに育てることができる「子育て県かがわ」の実現を目指すという。そのプロジェクトの第1弾として公開されたのが、動画「うどんのひみつ」というわけだ。

031 実際に香川県は温暖で災害が少なく、コンパクトな中に都市の利便性と豊かな自然が調和した子育てに最適な環境だ。それに加えて、行政が結婚から妊娠・出産・子育てまでの切れ目ない支援を行うというのだから、子育てに適した場所を探している人は注目してもいいかかもしれない。うどんも美味いしね。

 この動画を見たあと、実際に赤ちゃんにうどんをすする音を聴かせるお母さんが続出しそうだが、前出の呉教授によると「聴かせすぎにはくれぐれもご注意下さい」とのこと。