ライフスタイル

au損害保険から自転車向け保険「Bycle Best」新発売 日常生活の事故も幅広く補償!

2

<新商品ロゴ>
<新商品ロゴ>

 日々の生活に自転車が欠かせないという人も多いはず。だが、自転車事故に適用される保険の加入率はわずか2割程度ともいわれ、もしも何か起こったら、大変な事態に陥ってしまう可能性のある人もまた多いようだ。自転車に乗っている人は事故の被害者になるだけでなく、昨今では加害者として高額賠償を請求される事例もあるからだ。

 いや、でも自転車のためだけに保険に入るのもなぁ・・・とちゅうちょしていた人に耳寄りなニュースがある。au損害保険(東京)が、日常生活中のケガまで補償範囲を拡大した自転車向け保険「Bycle Best(バイクルベスト)」を発売したのだ。この新たなプランは、交通事故や自転車搭乗中の事故はもちろん、スポーツやレジャー、あるいは子どもの学校や公園のケガまで補償し、さまざまな場面で安心感が増している。

 さらに、従来の「本人タイプ」、家族全員を対象とする「家族タイプ」に加え、「家族タイプ」より保険料の安価な「本人・親族タイプ」が登場したのもうれしいニュース。これは、補償対象を本人と親族(配偶者以外の6親等内血族、3親等内の姻族)に限定するもので、例えば、パパは自転車に乗らず、ママだけが保育園への送迎で自転車を利用するケースなどにオススメだ。

 そのほか、自転車に係わる事故でケガをした場合は保険金が2倍になったり、自転車事故や故障時に無料で自転車を搬送する自転車ロードサービスなど、新商品は充実したサービスも特長。この機会に「いざというときの備え」を検討してもいいかもしれない。