デジもの

アコースティックリヴァイブが新導体PC-Tripleケーブル・シリーズ完成

アコースティックリヴァイブが新導体PC-Tripleケーブル・シリーズ完成 画像1

ケーブルや音響アクセサリーのアコースティックリヴァイブ(関口機械販売)は、これまで順次、新導体PC-Triple Cを採用した各種ケーブルを発売してきたが、そのラインアップが完成したと発表した。

単線構造図

PC-Triple Cは、不純物を完全に取り除いた高純度OFCを鍛造によって導体密度を上げ、一方向の結晶粒界で成長させオーディオ用導体。同社ではこれを非誘電率が低く伝送スピードの速いテフロン絶縁の楕円形状の単線としている。

単線導体は、撚り線構造で発生する迷走電流がなく、また断面を楕円形状とすることで、逆に単線で生じやすい共振を抑え、音質的なピークをもたせないとする。また、ノイズ抑えるファインメットビーズ、シルク緩衝材、銅管シールドなどの構造設計で、高品位伝送に取り組んでいる。

PC-Triple Cシリーズは、ラインケーブルRCA-1.0 tripleC-FM(2本1組 168,000円・税別)やデジタルケーブルCOX-1.0 tripleC-FM(1本 88,000円)、スピーカーケーブルSPC-tripleC(1mあたり68,000円)、電源ケーブルPOWER STANDARD-tripleC-FM(2m38,000円)など、13品種をラインアップする。

RCA-1.0 tripleC-FM
COX-1.0 tripleC-FM
SPC-tripleC
POWER STANDARD-tripleC-FM

■リンク
アコースティックリヴァイブ・ホームページ  http://www.acoustic-revive.com/