ふむふむ

会社にあったらうれしい制度は? 管理職になりたいか否かで思いに差も

28144025175 あなたは会社にどんな制度があったらうれしい? キャリアインデックス(東京)は、関東在住の515人を対象に「会社にあったらうれしい制度・イベント」についてのアンケート(複数回答可)を行った。それによると、1位が「ノー残業デー」で43.1%。2位「昼寝制度」(32.8%)、3位「プレミアムフライデー」(30.5%)と、上位3位にはワークライフバランスを意識した制度がランクイン。オンとオフのメリハリをつけて集中的に仕事に取り組みたい思いがうかがえる。ことし2月に国のかけ声とともに始まった「プレミアムフライデー」は、イマイチ浸透具合が感じられないとの声もちまたでよく聞くが、働き手からの導入希望はそれなりにあるようだ。

 今回の調査では、「管理職になりたい人」と「管理職になりたくない人」に分けての質問も行った。管理職になりたい人(118人)、管理職になりたくない人(332人)、どちらのグループでも、会社にあったらうれしい制度の上位3位は「ノー残業デー」、「昼寝制度」、「プレミアムフライデー」で全体と一緒だった。

mainsub1 ただ、4位以下の様相には差が出た。「管理職になりたくない人」のグループでは、4位の「社内バーカウンター/オフィスキッチン」が13.9%のほか、6位の「社員旅行」(8.4%)、7位の(自席を持たない)「フリーアドレス」・「納会(飲み会/ゲーム/カラオケなど)」(ともに7.2%)など社内行事や交流のための制度が10%を切っている。

 これと比較したとき、「管理職になりたい人」のグループでは、4位「フリーアドレス」(22.9%)、5位「社員旅行」(22.0%)、7位「納会(飲み会/ゲーム/カラオケなど)」(16.1%)と、社内行事や交流のための制度の得票率が高い傾向にあった。管理職を目指す上で、組織へのコミットに加え、社内のコミュニケーションを円滑にすることや社員の特性を知ることが大切だと考えられていることの表れかもしれない。