ペット

猫は“クルマ”で丸くなる? JAFは猫によるトラブルで1月に19回も出動!

main こう寒い日が続くと猫だってこたつで丸くなりたいはず。でも、こたつが無い場合は? どうやら自動車をこたつ代わりにする猫がいるらしく、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は猫の日(2月22日)に向けて注意をうながしている。

 1月1日~1月31日に猫が原因で起こったトラブルで、JAFが出動した件数は19件。このうち13件は、エンジン始動後に異変に気づいて連絡してきたもよう。猫が侵入していることに気づかずエンジンをかけてしまうとエンジンベルトに巻き込まれる場合もある。JAFでは、「猫の命を守るためにも、乗車の前はボンネットなどエンジンルーム付近をやさしく叩くことを実践しましょう」と呼び掛けている。

sub1 だが、猫が車に入り込む理由は“暖かいから”だけではないようだ。実は、1月に出動した19件のうち1件は暖かい沖縄県での依頼。猫は寒い冬に暖かい場所を求めてエンジンルームに侵入すると思われがちだが、JAFには1年を通して猫がクルマに入り込むトラブルの救援依頼があるという。猫は暖かい場所だけでなく狭い場所も大好き。駐車しているクルマのエンジンルームは風雨が入りにくく暗く狭い空間だから猫好みなのだ。そのうえ人の往来が少ないとなれば、警戒心の強い猫にとっては安心できる安らぎの場所になる。

 実際、JAFには「エンジンルーム下部のアンダーカバーの上に猫が4匹生まれていた」という連絡が寄せられたこともあるそうだ。雨風がしのげる暖かい空間は、母猫にとって子どもを生む場所として、うってつけのスペースだったのだろう。駐車場の周りで「よく猫を見かける」、「長い間クルマに乗っていなかった」という場合はエンジンルーム付近を叩くだけでなく、ボンネットを開けて確認したほうがよさそうだ。

 車に乗る人は、冬だけでなく1年を通して猫ちゃんにご注意を!