ライフスタイル

半数が「今の日常に満足」の40代男性 “余裕”や“落ち着き”持ててる?

Portrait of mature businessman, finger to lips
Portrait of mature businessman, finger to lips

 儒教の祖・孔子も「四十にして惑わず」と言ったから、やはりその年になると生き方も落ち着くのだろうか。男性用化粧品ブランドを展開するマンダム(大阪市)が行った40代男性の意識調査(40代男性の189人が回答)によると、半数の人が「今の日常に満足」していると答えている。sub1

 「ミドルの日」(3月16日)にちなんで実施した調査。50.8%の40代男性が今の日常に満足している半面、やや不満な人は29.1%、非常に不満という人が20.1%だ。「一番充実している年代」を尋ねると、34.4%の人が10代と答えている。でも次に多いのが40代(25.4%)。40代の良いところは「精神面でも金銭面でも余裕があること」や、「人生経験に裏打ちされた柔軟な立ち居振る舞いができること」「今からが楽しみ」などの意見が挙がり、余裕や落ち着きを持てる年代であることがうかがえた。