まめ学

テレビCMで最も多く映ったブランドは? トップはあの宿泊施設の料金比較サイト

img_152648_1 「あっ、この商品、何度もCMで見た!」というのはよくあること。それでは、テレビのCMで、よく見かけるブランド、実際にどれが一番画面でお目にかかるのか気になるところだ。マーケティング支援などを行うサイカ(東京)がまとめた「テレビCM出稿額が多いブランド TOP100ランキング」で、トップになったブランドは・・・。

 日本の総広告費の28.4%を占めるテレビCMをはじめとしたオフライン広告。実は、多くの企業が多額の広告費を投じながらも、効率的な広告出稿や効果測定の手法が確立していないとされているのだとか。そこで、サイカではオフライン広告領域の実態を明らかにしようと、調査・研究を行っている。

 調査の結果、テレビCM出稿額が最も多かったブランドは、宿泊施設の料金比較サイト「トリバゴ」で、出稿額は152.7億円。これは、2位の「Y!mobile」の99.6億円を大きく引き離し、他ブランドからは群を抜いている。

 一方、テレビCM出稿額が最も多かった企業は「日本コカ・コーラ」で、出稿金額は324億円だった。さらに、テレビCM出稿額が最も多かった商品・サービスカテゴリは「食品・飲料」で、出稿金額は883.1億円、出稿額シェアは17.1%となっている。img_152648_2

 今回の調査対象期間は、2017年3月1日~2018年2月28日の1年間。この期間におけるブランド別のCM放送回数を地域別(関東、関西、名古屋、福岡、札幌、BS)に計測し、各地域の推定出稿単価(概算)を掛け合せ、集計を実施した。調査対象ブランド数は18,943で、全ブランドの放送回数は8,007,676回となっている。