まめ学

もはやシブヤはデートスポットじゃない!? イマドキのアラ20の遊び方

img_155089_1 SHIBUYA109エンタテイメント(東京)は、4月28日「渋谷の日」を前に1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の10代から50代の男女500人を対象に、「渋谷」という街を切り口に「around20(24歳までの男女)の頃、どのように過ごしていたか」を調査した。その結果、「around20(24歳までの男女)」と「over25(25歳から59歳の男女)」では「遊ぶ場所」や渋谷で過ごす「目的」、「一緒に来訪する人」まで傾向が異なることが判明した。

 都内でよく遊ぶ場所は、という質問では0.6ポイントの僅差で池袋、新宿を押さえ、渋谷(18.9%)がトップに。若い頃都内でよく遊んでいた場所を聞くと、新宿(23.5%)、渋谷(20.8%)、池袋(13.4%)の順となっている

 どの年代もaround20の頃に遊ぶ街は渋谷・新宿が多いものの、今ドキのaround20に関しては交通網やそれぞれの街の利便性が向上したことから、遊びに行く街の選択肢が多様化している様子。渋谷で何をして遊ぶかを聞くと、年代に関係なくショッピングが中心になっているようだ。

 一方、誰と渋谷に行くかという質問では、around20とover25のいずれも女友達がトップに。他方、恋人と来たというover25は21.4%だったのに対し、around20は8.5%に過ぎない。シブヤでデートする若者は少なくなっているのかもしれない。