まめ学

日本人はやっぱり和室を好む!? 畳が傷みやすいのが困るけど・・・

10531002201 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイル(東京)は、4月29日の「畳の日」(全国畳産業振興会制定)に合わせて、「スマイスター」を利用した20歳以上の男女全国1,041人を対象に「和室」についての調査を行った。

 それによると、「自宅を選ぶとき、和室がある家を選ぶか?」との質問に「はい」と答えた人がちょうど50.0%と半分に。「いいえ」(19.4%)、「気にしない」(30.6%)を大きく引き離し、和室を好む人が多いことがわかった。img_154758_3

 「はい」、「気にしない」と答えた人に「和室がある家を選んだ理由」を聞くと、最も多いのは「落ち着く」(48.1%)で、以下、「畳が好き」(35.0%)、「ごろ寝ができる」(31.4%)、「くつろげる」(22.2%)、「仏壇がある」(17.5%)、「客間として使える」(16.7%)と続いている。img_154758_4

 「和室があって不便だったこと」の質問には、3人に1人が「特にない」としたものの、「畳が傷みやすい」(43.0%)、「重い物を置くと畳に跡がついて取れない」(24.7%)など、なるほどと思える回答が多い。

 最初の「和室がある家を選ぶか?」という質問に「いいえ」と回答した人に、「和室がない家を選んだ理由」を聞くと、最も多かったのは「必要性を感じない」(60.2%)。以下、「畳が傷みやすい」(38.1%)、「カビやダニが発生しやすい」(30.1%)、「障子の張り替えが大変」(21.2%)などが続いた。img_154758_5

img_154758_6 「注文住宅」の居住者に「自宅を建てるとき、和室をつくったか?」と質問すると、「はい」(88.3%)が圧倒的に多いなど、やはり日本人は和室を好む傾向があるようだ。