まめ学

同性二人旅は一長一短? 親しくもなり疎遠にもなるようで・・・

Two happy Asian girls traveling abroad together, carrying suitcase luggage in airport. Air travel or holiday vacation concept
Two happy Asian girls traveling abroad together, carrying suitcase luggage in airport. Air travel or holiday vacation concept

 夫婦や恋人など、パートナーとの旅も楽しいが、同性の友達との旅もまた楽しい。おしゃべりしながらおいしいものを食べたり、同じ趣味を楽しんだりと、楽しみの幅も広い。共に数日を過ごしてより相手を理解することも多いが、一方で疎遠になってしまうケースもあることが、「同性2人旅」に関する調査(DeNAトラベル・東京)で分かった。調査対象は10代~70代の1,837人。

 まずよく一緒に旅行に行く相手をたずねると、男性の最多回答は「パートナー(妻・恋人)」(55.9%)だが、女性の最多回答は「同性の友人」(61.6%)で、「パートナー」(38.8%)との答えを大きく上回った。実際、女子(2人)旅の経験者は89.7%と多い。もっとも、男性2人旅の経験者も7割を超えている。img_156425_1

img_156425_2 そこで、同性2人旅中にケンカをしたことがあるかたずねると、13.4%が国内旅行中に、23.1%が海外旅行中にケンカをした経験があることがわかった。その理由は、行先の意見の相違や、相手の態度が悪かった、どちらかが旅行プランを人任せにした、生活サイクルの相違、宿泊先での過ごし方の相違など。旅の後、より仲良くなった(男性22.3%、女性26.6%)という人もいる一方、「疎遠になった」(男性3.4%、女性7.1%)というケースもあるようだ。 img_156425_3 img_156425_7

 同性2人旅は「気楽」(男性67.4%、女性61.1%)と考える人が多いが、短所としては「気を使う」(男性26.5%、女性40.5%)という真逆の要素を上げる人も多かった。24時間一緒にいれば、普段は見えないところも見えてくる。同性2人旅は、1,2泊の温泉旅くらいがちょうどいいのかもしれない。