おでかけ

人気急上昇の離島No.1は? 県別では鹿児島が上位に

Aerial view of the beautiful blue tropical coastline of Amami Oshima, Japan
Aerial view of the beautiful blue tropical coastline of Amami Oshima, Japan

 もうすぐ6月。夏休みもだんだん近づいてきた。今年はどこに遊びに行く? 国内外の航空券などの比較検索サービスを提供しているスカイスキャナージャパン(東京)は、人気が高まっている離島の中でも急上昇の離島トップ8を発表した。前年比で+73.8%と一番飛躍したのは「奄美大島」(鹿児島)。透明度の高いアマミブルーの海と美しいサンゴ礁、希少な動物も多く生息し、島唄・奄美大島紬(つむぎ)・鶏飯(けいはん)といった独自の伝統文化や食にも触れられる見どころいっぱいの島だ。昨年バニラ・エアの就航が始まったこともあり、特に大阪方面からの旅行客が増えているという。2位は、世界自然遺産に登録されている「屋久島」(鹿児島)。樹齢2170~7200年とされる古木「縄文杉」を目指すトレッキング、そしてダイビングやシーカヤック、沢登りといった、山と海のアクティビティを同時に楽しめる山岳島だ。3位は、長崎・五島列島の中心地「福江島」。キリシタン資料館が併設された「堂崎教会」や城下町跡などの観光スポットがある。4、5位は沖縄の「石垣島」と「宮古島」。6、7位は鹿児島の「種子島」と「与論島」で、8位に東京の「八丈島」がランクインした。