まめ学

妻の約半数が夫の仕事に不満あり!? 離婚したくなる職種は・・・

Divorce registration form and seal
Divorce registration form and seal

 働き方改革は、結局こういうところに“結果”が出てくるかもしれない。配偶者の給料や残業、休みが少ないなど仕事への不満が原因で離婚を希望する人が増えていることが、リスクモンスター(東京)が行った「離婚したくなる亭主の仕事」調査で分かった。

 今回は女性側(600人)のみの調査だが、夫の仕事に対する「不満がある」妻は49%と約半数。「夫の仕事が原因で離婚したい」と考えている妻は全体の12%だ。不満の理由を見ると、「給料が低い」(68.7%)、「残業が多い」(48.3%)、「休みが少ない」(26.5%)など。最も割合が高かった給料で見ると、年収が「300万円以上400万円未満」(62.3%)の不満が最も高く、次いで「400万円以上500万円未満」(55.2%)、「500万円以上600万円未満」(53.8%)で、年収600万円未満の層の不満が過半数を超えた。

 夫の仕事に対して不満や転職希望、離婚などを考えている人に聞いた配偶者の業種は、農業や建設業、食品製造業、不動産業、飲食店・宿泊業、医療・福祉が多かった。