まめ学

出前注文ランキングにも地方色 広島ではなんと…

 ピザ、寿司、丼もの、最近はお弁当の宅配も少なくない。だが、お好み焼きの出前、というのは、地域色が出るようだ。デリバリーなどに関する調査をしている出前総研(大阪市)によると、広島の出前注文では、「広島風お好み焼き」がなんと上位10商品中8商品という結果に。

 広島で今年5月の1店舗あたりの出前注文商品出数が最も多かった商品は、「お好み焼き 一銭」の「肉玉(そば又はうどん)」。同店以外にも「肉玉そば」は2位、4位、5位、10位にランクインした。肉玉そばというのは、豚ばら肉、卵、そばが入った、いわゆる「広島風お好み焼き」のこと。生地を薄く焼き、その上にキャベツの千切り、麺と豚肉を乗せて焼く方法で作られ、具材をすべて生地の中に混ぜ合わせて焼く「関西風お好み焼き」とは作り方が異なる。

 「広島風お好み焼き」は広島県外での名称で、県内ではもちろんシンプルに「お好み焼き」。全国の注文数ランキングでは、弁当や丼ものが上位だが、広島では上位10商品のほとんどがお好み焼き。11位以降も弁当よりお好み焼きメニューが上位だ。なんだか食べたくなってきた~?