まめ学

注目度が高い糖質制限ダイエット 実行したことのある人はどれくらい?

Carbohydrate ban

 ダイエットの方法としてすっかりおなじみになってきた感がある「糖質制限」だが、どれぐらいの人が実践したことがあるのだろうか? トレンド総研(東京)が、日清オイリオグループと共同で、過去1年以内にダイエットをした経験のある20~40代の女性500人を対象に調査を実施した。

 糖質制限を実践するといっても、どこまで糖質摂取量を制限するかは人によって異なる。一般的には、食品成分表などを見て糖質量を細かく計算するまでではなく、お菓子やジュースなどの砂糖の量が多いものや、ご飯・パン・麺類などの炭水化物を制限するケースが多いようだ。

 アンケートでは最初に、「過去1年以内に流行したと思うダイエット法」を質問。「糖質制限ダイエット」が81%で圧倒的1位で、以下「プチ断食・ファスティング」(50%)、「筋トレダイエット」(37%)、「スクワットダイエット」(28%)、「スロージョギングダイエット」(20%)、「ヘルシースナッキング」(16%)と続いた。

 さらに、実際に「糖質制限ダイエットに挑戦したことがある」と答えた人は56%で、ダイエッターの半数以上が糖質制限を経験している。その効果を経験者に聞くと、「痩せることはできたが、目標体重には到達できなかった」(52%)という人が一番多く、「目標体重に到達し、ダイエットに成功した」と答えた人は5人に1人(20%)。糖質制限ダイエットにより体重が減少した人自体の割合は合計で7割を超えるものの、道なかばであきらめてしまう人も多い様子だ。理想の体重まで痩せられた人は少ない。czMjYXJ0aWNsZSMyNzQ2MyMyMDYyNDYjMjc0NjNfd0ZZbkhEUVpnZi5qcGc

 「糖質制限ダイエットは、目標達成前に挫折してしまいがちであると思いますか?」という質問には、83%が「そう思う」と回答。過去の糖質制限ダイエットで「目標体重に達する前に挫折したことがある」人も80%に達している。経験者の挫折ポイントとしては、ストレスや空腹を感じたり、集中力が低下して日常に支障をきたしたりするほか、エネルギー不足の状態になってボーッとしたりすることなどがあるようで、意外にキツイ方法なのかもしれない。ただ、「糖質制限ダイエットは、きちんとルールを守れば効果が出やすい方法だと思う」(78%)、「糖質制限ダイエットは、ストレスなく続けられれば、効果が出やすい方法である」(77%)など、頑張れば報われるダイエット法と認知されているようだ。