まめ学

ガクチカ、NNT、リクラブ… 就活用語ランキング

28208000809 「お祈り慣れ」なんて縁起でもないが、就職活動の真っただ中にいる学生たちには、よく知られた就活用語。 「2019年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」(マイナビ・東京)から、「就活生の間で流行した『就活用語』ランキング」を。

 1位は「ガクチカ」。面接でよく聞かれる「学生時代に力を入れたこと」の略。2位の「お祈り」は、選考で落ちること。不採用通知の「今後のご活躍をお祈りしております」という一文から来ている。3位は「サイレント」。選考の結果の連絡が来ないこと。合格なら、企業から必ず連絡があるので、不合格であることを示している。sub1

 このほか、5位には、内(々)定が無いことを「内々定」に掛けた「無い内定」の略語である「NNT」や、10位には、就職活動を通して出会った学生同士が恋愛に発展する「リクラブ」などがランクインした。

 「就職活動に影響したニュースワードランキング」は、1位から順に、人工知能・AI、働き方改革、IoTだった。