まめ学

女子会も増加傾向の中華料理店 王道はやっぱり餃子とビール?

sub9 スタミナ系から激辛、冷やし中華など、暑い季節にぴったりのメニューが目白押しの中華料理。「ホットペッパーグルメ外食総研」(リクルートライフスタイル・東京)が中華料理について調査を実施したところ、お店でよく食べる中華料理のメニュー1位は、やっぱり餃子だった。

 2位はチャーハン、3位はからあげ。男女別に見ると、男性から支持を集めたのは麻婆豆腐、レバニラなど、ごはんのおとも系、女性には小龍包、エビマヨなどが人気だ。また、中華料理店で「お酒を飲むか」という質問には、約35%が年に1回以上「お酒を飲む」と回答。うち77%は「ビール」を飲んでいるという。sub1sub2

 さらに、女子会をする際に約36%の人が「中華料理店を利用したことがある」とのこと。家族や男性の利用が多い印象の中華だが、最近は女子会も多いようだ。彩り豊かな野菜をふんだんに使ったものや、食べやすい小皿メニューがあるなど、女子の心をつかんでいるのかも。