まめ学

新鮮なビールの泡はより白い! 世界で初めて泡の色を測定して評価

sub3 肉眼で見て感じていた、ビールの泡のわずかな色の違い。これを客観的な数値として評価し、ビールの鮮度や麦芽の種類によって泡の色が変化することを、サッポロビールが新しい測定方法を開発して明らかにした。新鮮なビールの泡はより白く、クリスタル麦芽は泡の色を鮮やかにするのだそうだ

 特殊フィルターを使って、人が見たままの色域を測定・再現できる「2次元色彩計」という技術を応用。世界で初めてこれをビールの泡の評価に適用した。鮮度が良いビールの泡はより白く、ビール醸造に用いる麦芽の種類によって、泡の色調が変化することを発見した。今後はこの技術を、より白く美しい泡を実現するための品質管理や、泡の色調にまでこだわった商品の開発に応用していくという。