まめ学

近所にあったら便利なもの調査 文字通り便利な“コンビニ”が一番人気に

7-Eleven Convenience Store in Japan 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(東京)が、「スマイスター」を利用した20歳以上の男女全国112人を対象に「近所にあったら便利なもの」についての調査を実施した。

 それによると、近所に欲しいものの1位は「コンビニエンスストア」(54.5%)、2位「銀行・ATM」(50.9%)、3位は「大型ショッピングセンター」(49.1%)、4位は「スーパー・食料品店」(48.2%)、5位は「病院等医療機関」(47.3%)となり、スーパーよりも文字通り“convenient(便利)”なコンビニが人気に!

 反対に、「近所になくても困らないもの」では、「スポーツクラブ」(58.9%)、「レンタルDVD・CD屋」(44.6%)、「コインランドリー」(43.8%)、「クリーニング店」(35.7%)、「警察・交番」(33.0%)などが上位に挙がった。「コンビニエンスストア」、「スーパー・食料品店」、「ドラッグストア(薬局)」、「病院等医療施設」などはすべて1割以下となり、ないと困ると思う人が多いことがわかる。

 また、「近所に便利なものがあるかないかで、そこに住むか住まないか決めたことがあるか?」と聞くと、「ある」が34.8%、「ない」が44.6%、「迷ったことはある」が20.5%となり、物件選びの際に周辺の環境を気にする人が少なくないようだ。