まめ学

「働き方改革」と聞いて思い浮かべるものは? 在宅勤務なら年100時間は浮く!?

The female of the work at home いろいろなところで働き方改革が叫ばれているが、あなたの職場は変わった? 変わってない? 東京建物(東京)は、20~50代の男女400人を対象に、「仕事に関する意識調査」を実施した。最初に、「働き方改革と聞いて、どのような取り組みを思い浮かべるか?」(複数回答)と聞いたところ、トップは「長時間労働の是正」(61.0%)となり、2位の「仕事の効率化・生産性向上のサポート」(37.5%)と合わせて、多くの人が働き方改革は“職場内”での変化を指すと捉えていることが分かった。もっとも、3位には「勤務場所の自由化(リモートワークの承認)」(25.8%)、4位には「在宅勤務の承認」(22.3%)が入り、今後は“職場の外”についても目を向ける人が増える可能性を示唆した。

 「リモートワークの制度を利用したいと思うか」と尋ねてみると、48.0%が「可能であれば利用したい」と回答した20代女性を筆頭に、女性ではどの年代も利用意向が高かった。一方、20代男性は41.0%が「可能でも利用したいと思わない」と答えたが、30代以上は利用したいとする割合が増えていき、40代では3割以上が利用意向を示した。

 在宅勤務などのメリットを探るために、一日の平均通勤時間を質問すると、最多回答は「30分以上~1時間未満」(39.3%)となったが、「1時間以上~1時間半未満」は24.8%など、4割以上の人は通勤に1時間以上を費やしていることが判明。仮にこのような人が週2日のリモートワークをした場合、(年間営業日数(252日)×⅖)×1時間で、年間100時間は通勤にかかる時間を仕事や余暇に充てることができる計算になるという。

 あらためてリモートワークについて、上司や同僚と話し合ってみてはいかが?