まめ学

埼玉県の人はハワイがお嫌い!? 全国地域別の海外旅行調査

img_168887_2 寒い場所に住む人は暖かい場所に憧れ、常夏の場所に住む人は雪が降る場所に行きたい! ──そんな傾向が本当にあるのか? エアトリ(東京)が10代~70代の男女1,215人を対象に「在住する地域別での海外旅行」に関するアンケートを実施した。

 「過去に行った海外旅行先で、好きな国や地域」を住んでいる地域別に調べると、北海道・東北、甲信越・北陸、中国地方の3地域で「ハワイ」と回答する人がもっとも多い結果に。中でも北海道・東北では52%と半数以上の人が「ハワイ」と答えるなど、温暖な気候を理由に北国に住む人からの人気の高い。

 一方、関東(東京を除く)、東京、東海、近畿、九州・沖縄の5地域では「台湾」がトップになった。台湾を挙げた理由として「グルメ」が目立つなど、グルメ好きの日本人にとって手軽に行ける台湾が人気を集めるのも納得できそうだ。

img_168887_3

 また、同項目について「海の無い8県」でも調査したところ「ハワイ」と回答した人は24%にとどまり、全体合計の32%に対し8ポイント下回る結果に。特に埼玉県は14%と47都道府県の中で最下位となった。身近に海がないことが影響しているのかもしれない。

img_168887_7

 さらに、「次に行きたい国」を聞くと、東京都、東海、四国、九州・沖縄の4地域で「スペイン」が1位となり、関東(東京を除く)、甲信越・北陸、近畿の3地域では「台湾」が最も多い。理由として、スペインは「一度は訪れたい憧れの旅行先」という回答が多かったのに対し、台湾は「過去に旅行した際の満足度が高く、もう一度行きたい」というリピーターからの回答が多かった。