ライフスタイル

日本人はホントにキレイ好きなの? 9カ国を対象にした掃除に関する調査

housewife vacuuming room 日本人はキレイ好き! ──そんなイメージを覆すような調査結果が、清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社(日本法人:ケルヒャージャパン・横浜市)が世界9カ国で実施した「掃除に関する意識調査」で明らかになった。

 この調査は、アメリカ、イギリス、中国、ドイツ、日本、フランス、ブラジル、ポーランド、ロシアの9カ国で実施。各国とも18~65歳1,000人以上が回答した。

img_169652_1

 9カ国の中で、最も掃除をする時間が長い国はロシアで、最も時間が短い国はナント日本! ロシアでは週に3時間以上も掃除する一方、日本は1.09時間だった。また、家がキレイであることが重要かどうか質問したところ、世界9カ国で平均94%の人が重要と回答したが、これも日本は9カ国の中で最も低い74%だった。ただ、欧米とは異なり、日本は室内での土足文化がないことも背景にあるのかもしれない。

img_169652_3

 他方、ロボット掃除機を使用している家の割合は9カ国中、中国が平均の17%を大きく上回る38%となったが、同じアジアの国でも日本は14%と平均を下回る結果に。また、日本のみで聞いた、家事代行サービスに関する質問では9割の人が、家事代行サービスを利用したことがないと回答。日本人はロボットや家事代行に頼らずに自ら掃除する人が多いようだ。