まめ学

夏と冬ではどっちが多い? ボーナスに関する調査

Hand counting the money 冬のボーナスシーズン目前──楽しみにしている人が多いと思うが、そんな中、エアトリ(東京)は、20代~70代の男女692人を対象に「冬のボーナス」に関する調査を実施した。

 それによると、回答者のうち過半数となる50.1%の人が冬のボーナスが出る(出た)と回答。年俸制など、そもそもボーナスという制度がない人もいるだろうが、中にはボーナスの制度があっても「今年は出ない」という人が2.5%いた。

img_172275_1

 ボーナスが支給される人に対して夏のボーナスに比べてどうかを聞くと、最も多い回答は「変わらない」(45.8%)。また、4人に1人が「増えた(増える予定)」(25.1%)と答え、「減った(減る予定)」(13.0%)と答えた人より多かった。

 昨年の冬同じ調査の結果を見てみると、やはり最も多いのは「変わらない」(42.9%)。こちらも「増えた(増える予定)」(21.9%)と回答した人の方が「減った(減る予定)」(14.1%)人よりも多かった。全体的にボーナスの支給額は上昇傾向にあるようで、景気の上向きを示す調査結果となった。

img_172275_3

 ところで、冬のボーナスが入ったら誰のために使うかとの問いには、男女ともに「自分」(男性:43.9%、女性:52.5%)と回答した人が最も多く、「家族全員」(男性:39.7%、女性:32.3%)、「パートナー」(男性:7.9%、女性:5.7%)と続く。また、冬のボーナスの使い道(複数回答)では、男女ともに過半数が「旅行」(男性:60.3%、女性:58.9%)を選択。2番目に回答が多かったのは「貯蓄」(男性:49.7%、女性:58.2%)。女性は「旅行」とほとんど差がなく、ボーナスについては女性の方がしっかり将来に備えているようだ。