まめ学

遊びの年間ランキング2018 人気が急上昇したハーバリウムって?

main

 国内最大級の体験・レジャー予約サービス「asoview!(アソビュー)」を展開するアソビュー(東京)はこのほど、asoview! 「遊びの年間ランキング2018」を発表した。

 このランキングは体験にまつわるデータを分析・調査するアソビュー総研が、asoview!で予約購入が行われた販売データを元にし、トレンドとなる遊びのジャンルを集計したもの。どんな遊びや体験が人気なのかを知るには最適なデータになりそうだ。

 asoview!ではものづくりからアウトドアまで435件の遊びのジャンルがあり、ランキングでは定番の遊びが上位を占めた。1位の陶芸、2位のガラス工房・細工、3位のカヌー・カヤックは昨年も同じ順位でまたもベスト3となるなど、遊びの定番となっている。

 そうした中で、写真映えを重視する時代の傾向にも伴い、比較的新しいハーバリウムというジャンルが昨年の43位から5位に急浮上したのが目を引く。ハーバリウムとは、植物標本という意味を持ち、ガラスの中に花や植物をアレンジし保存液となるオイルに浸すものづくり体験で、20代から30代前後の女性を中心に昨年から需要が増えている。

 なお、ランキングは以下の通り(カッコ内は昨年の順位)。

1位 陶芸体験・陶芸教室 (1-)

2位 ガラス工房・ガラス細工 (2-)

3位 カヌー・カヤック (3-)

4位 SUP(サップ) (4-)

5位 ハーバリウム (43↑)

6位 シルバーアクセサリー作り (5↓)

7位 ダイビング・スキューバダイビング (7-)

8位 ラフティング (12↑)

9位 シュノーケリング (6↓)

10位 ボルダリング (11↑)