まめ学

ボーナスを増額する企業の方が多いけど・・・ 景気回復と実感は少数派

Hand counting the money 今冬のボーナス、実態はどうなのだろう──エン・ジャパン(東京)が「人事のミカタ」( https://partners.en-japan.com )上でサイトを利用している企業の人事担当者を対象に「2018年 冬季賞与」についてアンケート調査を実施した。今年、冬季賞与を支給予定の従業員数299人以下の企業451社から回答を得た結果は・・・。

 最初に「昨年の冬季賞与支給額と比較して、今年の支給予定額に変動はあるか」を聞いたところ、「増額予定」(31%)が「減額予定」(10%)を上回り、2015年の調査から4年連続で増額予定の企業が減額予定の企業を上回った。ちなみに、「増額予定」と回答した割合が高い業種トップ3は「商社」(40%)、「流通・小売関連」(36%)、「メーカー」(34%)。一方、「広告・出版・マスコミ関連」(31%)や「商社」(15%)は他の職種に比べて「減額予定」という回答が多い。

 気になる増額率だが、「1~3%未満」(23%)が最多で、増額理由(複数回答)としては「業績が好調」(73%)、第2位は「社員の意欲向上」(60%)。反対に、減額する企業の7割以上が「業績の不振」を挙げるなど、世の中すべてが好景気というわけではないようだ。

 実際、「昨年と比較し、景気の上昇や回復を実感できているか」との問いに、38%が「感じない」(まったく感じない:14%、どちらかというと感じない:24%)と回答。「感じる」(非常に感じる:4%、どちらかというと感じる:24%)は28%と、景気回復を感じない企業の方が多かった。