まめ学

所有アプリ平均80個 でも使ってるのは3割

main 使わないアプリはアンインストール。できるだけ軽く…は心掛けるけれど、それでもみんな相当数のアプリを持っているらしい。スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」(フラー・千葉県柏市)の調査によると、日本人の所持しているアプリの平均は80.36個だが、実際使っているのは25.56個で、6割以上のアプリは使われていなかった。

sub1

 日本、韓国、米国の今年のアプリの利用トレンドをとりまとめた「App Apeアプリ市場トレンドレポート2018」の結果。日本国内のユーザー1人あたりの月間平均利用アプリ数(月に1度でも利用するアプリ数)は、昨年に比べ0.56個増。だが、利用しているのは所持アプリ数の3割にとどまっている。カテゴリーを見ると、日本はツールが16%、コミュニケーションが14.7%と、他のカテゴリに比べ多く使われていた。

sub2

 

 韓国のユーザー1人当たりの所持アプリ数は、102.25個と日本に比べ25%ほど多く、利用アプリも38.87個と1.5倍。米国はインストールアプリが70.65個と日本に比べ10個ほど少ないものの、利用アプリは日本とほぼ変わらない25.65個だった。もっとも、いずれの国もインストールアプリ全体に占める利用率は4割を切った。