まめ学

ぴあ映画初日満足度ランキング 上位は人気アニメシリーズが独占

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 「ぴあ」スマートフォンアプリ(ぴあ・東京)は、12月14日、15日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は、原作者の鳥山明が原作、脚本、キャラクターデザインを手がけた劇場版シリーズ第20作目『ドラゴンボール超 ブロリー』となった。観た人の中からは、「やられっぱなしのブロリーが怒りによって強くなったところがよかった。アニメで観ていたドラゴンボールよりすごかったし、ブロリーがかわいそうで悲しい気持ちになった」(9歳・女子)、「とにかくバトルの迫力が凄くて、動きの描写は技術の進化を感じた。 展開が目まぐるしくて途中追いつけないと思うところもあって夢中になれた。ラストシーンは胸が熱くなった」(23歳・男)といった声が聞かれた。

 第2位は、これまでの設定を一新し、少年たちと妖怪たちの新たな冒険を描いた劇場版シリーズ第5弾『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』に。第3位は『怪盗グルー』シリーズを生んだスタジオ、イルミネーションの新作アニメーション『グリンチ』だった。

************************************

1位『ドラゴンボール超 ブロリー』92.7点

2位『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』92.3点

3位『グリンチ』91.8点

4位『春待つ僕ら』91.7点

5位『輪違屋糸里 京女たちの幕末』87.4点

6位『メアリーの総て』86.4点

7位『宵闇真珠』81.2点

8位『マイ・サンシャイン』70.7点

(12月15日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。