ライフスタイル

年末大掃除は腰痛にご注意を! 予防法は?

img_173774_4

 やっぱりお風呂掃除だ。中腰で屈むと腰にくる。「大掃除と腰痛に関するアンケート調査」(通わせない整体院じゅらく金沢院・金沢市)によると、年末の大掃除で腰痛になったり、悪化したりした人の半数近くが、お風呂掃除を原因に挙げている。

プリント

 30~54歳の3,435人を対象に調査。21.5%(737人)が、掃除で腰痛に悩まされた経験があり、原因(複数回答)として「お風呂の浴槽や壁、床の掃除」を挙げた人が49.3%に上った。お風呂回りの掃除は中腰姿勢が多く、腰の筋肉が凝り固まりやすくなるのだそうだ。中腰姿勢でいる時間が長ければ長いほど、凝り固まりが強くなるため、30分に一度は腰を伸ばすなどの小休止を取り、腰が固まらないようにすることが腰痛予防のポイント。

大掃除と腰痛に関するアンケート調査

 原因の2位は「窓、網戸、サッシの掃除」(34.9%)。高い位置にある窓拭きや換気扇の掃除は、反り腰姿勢となってしまうため、これも継続すれば腰の筋肉が凝り固まりやすくなる。やはり30分に一度は腰を左右に回すなどの小休止を。3位は「大きな家具(ベッド、ソファー、本棚)の移動・掃除」。重いものは腰痛の敵。すでに腰痛、という人も要注意だ。