ライフスタイル

一番イヤな家事は何? 掃除が面倒で湯船を使わない人も半数

Cleaning set in bucket 年末といえば大掃除。すでに終わっている人や、これからの人もいるかな?ライオン(東京)は、20~59歳の共働き既婚男女800人を対象に、「お風呂掃除」についてアンケート調査を実施した。

 最初に、「洗濯・調理・掃除について、理想の状態を100点とした際の現状」を尋ねると、平均点が一番高かったのは「洗濯」の57点。次いで「調理」の46点となり、「掃除」は一番低い44点だった。多くの家庭で掃除が一番行き届いていない様子だが、女性に「嫌いな家事」(複数回答)を質問すると、1位「風呂掃除」(39%)、2位「トイレ掃除」(38%)、3位「部屋の掃除」(31%)となり、トップ3すべてを掃除が“独占”した。また女性に「なくなってほしい家事」(複数回答)を聞いてみると、こちらも「風呂掃除」(30%)、「トイレ掃除」(29%)、「部屋の掃除」(25%)で、多くの人が掃除を嫌がっているようだ。

 確かに、仕事で疲れて帰ってきた平日に、時間の余裕もあまりないと一番心を削られがちなのが掃除だが、「風呂を洗うのが面倒という理由で、浴槽にお湯をはらずにシャワーで済ませてしまおうと思ったことがあるか?」と聞いたところ、半数が「実際にシャワーで済ませたことがある」と回答した。洗濯、食器洗い、ダイニングテーブルの片付けに、浴槽の掃除まで加わると毎日大変だが、お風呂には心身の疲れを取ってくれる効果もある。便利な掃除用品や家電もあるから、来年は掃除のストレスがもう少し減るといいね。