まめ学

胃に不調を感じた人が多い「胃弱県」は兵庫県と長崎県 最も不調を感じていない「胃強県」は?

Young adult man standing over white brick wall with hand on stomach because nausea, painful disease feeling unwell. Ache concept. ストレスを感じると、まず胃がキリキリと痛くなる・・・。食べ過ぎ、飲み過ぎで胃を壊しがち・・・。そんな「胃弱」さんが多い県、少ない県はどこだろう。

 健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業をおこなっているQLife(キューライフ/東京)は、全国47都道府県の20歳~59歳の有職者男女4,888人を対象に、「胃の不調」に関する調査を実施した。

 その結果、過去1年以内に胃の不調・症状を感じた人が53.3%と、2人に1人が「胃弱」(胃もたれや胃痛、胃のムカムカなどの胃の不調を感じている状態)を訴えていたことが判明した。

 都道府県別にみると、最も「胃弱県」は兵庫県と長崎県で全国平均を約10ポイント上回る62.5%。一方、最も「胃強県」は千葉県で、平均より10ポイント下回る43.3%だった。

 食生活との関連を調べると、胃弱県である長崎県は、「脂っこい料理好きな県ランキング」で全国2位、「甘い飲み物好きな県ランキング」で全国3位だった。また、同じく胃弱県である兵庫県は、「食べ過ぎ県ランキング」で全国1位だった。一方、胃強県である千葉県は、「白米・ご飯好きな県ランキング」で全国2位だった。

 全国47都道府県を通して、胃の不調時に手軽にとり続けることができそうな食品の1位は「ヨーグルト」。2位は同じく発酵食品の「納豆」、3位は「豆腐」だった。胃強県である千葉県でも、同様に1位は「ヨーグルト」だった。

 調査では「義務感」など自身の性格についても質問しているが、胃弱県である兵庫県は、「義務感が強い県ランキング」で全国2位という結果だった。胃が痛くなるのは、責任感や義務感が強い証拠かも。あまり悲観せず、食べ過ぎに注意して胃を大事にしましょう。