まめ学

ぴあ映画初日満足度ランキング 1位はアニメやミュージカルも人気の・・・

『映画刀剣乱舞』 (C)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 (C)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus
『映画刀剣乱舞』
(C)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 (C)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

 「ぴあ」スマートフォンアプリ(ぴあ・東京)は、1月18日、19日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は、アニメ、舞台、ミュージカルなどさまざまなメディアミックスを展開している育成シミュレーションゲームを原案にした『映画刀剣乱舞』。見た人の中から「役者たちは同じでも舞台とは雰囲気が違った。殺陣がちゃんとしていて感激しかなかった。基本的にシリアスなんだけれど、少しギャグもあって心が安らいだ」(16歳・女性)といった声が出ていた。

 2017年に放送された人気アニメを映画用に再編集した『劇場版総集編【後編】メイドインアビス 放浪する黄昏』が第2位、藤沢周平の同名小説を瑛太主演で映像化した時代劇『闇の歯車』が第3位だった。

************************************

1位『映画刀剣乱舞』94.1点

2位『劇場版総集編【後編】メイドインアビス 放浪する黄昏』92.6点

3位『闇の歯車』92.4点

4位『マスカレード・ホテル』90.3点

5位『チワワちゃん』89.7点

6位『バハールの涙』89.0点

7位『かぞくわり』88.4点

8位『夜明け』87.8点

9位『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』87.0点

10位『ミスター・ガラス』83.8点

11位『愛と銃弾』82.3点

12位『マイル22』81.4点

13位『TAXi ダイヤモンド・ミッション』80.8点

(1月19日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。