まめ学

バレンタイン予測2019 平成最後は予算がアップ!?

Beautiful, cute gifts for beloved. Red rose with chocolate hearts in the box of heart shape with pink ribbon on the dark table. Enjoying sweets. Valentine's day and relationships concept. 今年も早いもので、もうバレンタインデーが意識されるような時期になった。既に、バレンタインに関するセールも目立つようになっているが、そうした中で、明治(東京)は、15歳〜74歳の男女2,000人を対象に、バレンタインに関する意識と実態調査を実施。その結果を基に、平成最後のバレンタインの傾向を予測した。

 ズバリ、バレンタイン予測2019は・・・

(予測1)ハロウィン超え──盛り上がり度では6割の人がバレンタインに軍配

(予測2)チョコはマストアイテム──お菓子はいろいろあるけれど、7割の人がチョコのやり取りを希望

(予測3)永久不滅の「義理チョコ」──2人に1人が義理チョコを実践する予定

(予測4)友チョコは“映えチョコ”主義──女友だちには見栄え重視で手作り

(予測5)今年はバレンタインも健康ギフト──半数以上が健康志向で高カカオチョコを活用

(予測6)バレンタインチョコ予算UPの兆し──予算総額は平均で4,702円。恋人チョコ予算も2,392円→2,814円にUP

 ちなみに、同社によると寒い時期ほどチョコの売り上げもUPするのだとか。確かに、暑いとせっかくのチョコが溶けてしまった・・・なんてこともある。溶けにくい今だからこそ、気兼ねなくチョコを楽しむ人が多いのかもしれない。