まめ学

オトナの勉強実態調査 学習時間ゼロは3割

742a069a91fb9056763cbc60670342f90196f388 人生、いくつになっても勉強だ。さまざまに変化していく社会に対応するためには、仕事をしながら少しずつでも学びは必要だ。課長職以上の64%が毎日、1~3時間以上の勉強時間を確保していることが、「オトナの勉強実態調査」(ディップ サイコロLab・東京)で分かった。

 働く人が必要な能力・スキルを身に付けるためのリカレント教育の機会拡充は、内閣府の「人生100年時代構想会議」でも重要テーマの一つ。20~59歳の就労者301人(女性93人、男性208人)を対象に、普段の業務時間外における情報収集や学習に使う時間をたずねたところ、「0分」が最も多く(31%)、次いで「30分程度」(29%)、「1時間程度」(20%)となった。

520b35b2ecb5867a483e180f09995b26ebe98660

 一方、雇用形態・役職別で学習時間をみると、1時間以上の学習時間を確保している割合が最も高いのは「課長職以上」(64%)、次いで「係長職以上」(44%)で、一般社員よりも割合が高かった。

 また、会社をどのように捉えているかを学習時間との関係で調べたところ、「会社風土は変化しないもの」と思っているグループよりも、やはり「変化していくもの」と思っているグループがより学習時間を確保していることが分かった。

0f8cad64bf97df55edc03ce57dddcf487aa423d8