まめ学

やっぱり狙われるのは高級車!? 第20回自動車盗難事故実態調査

イメージ
イメージ

 愛車が盗難されるほど腹立たしいことはないが、どんな車がドロボーに好まれるのだろう? 日本損害保険協会は「第20回自動車盗難事故実態調査結果」を発表した。損害保険会社17社(損保協会非会員会社を含む)で、全国で発生した自動車本体盗難事故および車上ねらい(部品盗難含む)事故で調査期間内(2018年11月1日~11月30日)に車両保険金の支払いを行った事案(車両本体の盗難の調査総数は277件、車上ねらいの調査総数は364件)を調査対象とした。

 それによると、車両本体盗難の車名別盗難状況は、レクサスが昨年から2.6倍の66件に増加し、本調査開始以降初めてワースト1(昨年ワースト4)となった。2017年調査まで4年連続ワースト1だったプリウスは、2018年調査ではワースト2と依然として高く、車両本体盗難の被害が特定の車種に集中する傾向が続いている。

img_179903_1

 車両本体盗難1件当たりの平均支払保険金は、近年増加傾向にあり、2018年調査では、361.4万円(2017年調査では253.2万円)に。金額、車名別盗難状況から、比較的高額な車両が狙われることが多いようだ。

 他方、車両本体盗難の発生時間帯は、「深夜~朝(22~9時)」が75.8%を占めており、昨年よりも深夜から朝にかけての発生比率が高くなっている。車両本体盗難の発生場所については、昨年から8.8ポイント増加し、48.4%が「自宅(屋外)」で発生していることが判明。「契約駐車場(屋外)」も含めると、車両本体盗難の77.6%が屋外で発生しており、屋外駐車場に止めてある車両が圧倒的に狙われやすい傾向がある。