まめ学

理想の年金受給開始年齢は? やっぱり60代でもらいたい!

Japanese Ten Thousand Yen Note, Pension Book And Hourglass

 年金について、まだまだ先の話と無関心であったり、どうせもらえなくなると諦めている人が多いかもしれない──政府は現在、少子高齢化への対応の一環として公的年金制度の見直しを図り、現在60~70歳となっている年金受給開始年齢を引き延ばすことや、70歳未満となっている厚生年金加入期間の上限の引き上げも検討している。

 そうした中、エアトリ(東京)は、20代~70代の男女1,211人を対象に「公的年金」に関する調査を実施した。それによると、公的年金は受給開始年齢を繰り下げたり、繰り上げたりすることができることを若い世代ほど知らない実態が明らかになった。

img_184496_1

 このことについて70代は96.1%が「知っている」と答えたのに対して、20代では約3割が「知らない」と回答。また、受給開始年齢を受給者が自由に選べ、その年齢によって受給額が変わる制度についてどう思うか聞くと、「賛成」が46.8%、「反対」が11.7%となった。

 受給者が受給開始年齢を自由に決めて良い場合、何歳から公的年金を受給するかとの質問には、最も多かったのが「65~69歳」の43.0%。以下、「60~64歳」(31.4%)、「70~74歳」(16.4%)となるなど、4人に3人が60代で受給したいと思っている。

img_184496_3

 一方、まだ年金を受給していない人に対して、定年後にやりたいこと(複数回答)は何かを問うと、「旅行」(88%)がダントツで1位となり、2位の「食べ歩き」(33.4%)ともども、お金のかかることがランクインした。