まめ学

サクッと15分未満の利用が7割 インスタの使い方

A woman relaxing at a cafe

 さまざまな使い方のSNS。さてインスタはどう使ってる? マイボイスコム(東京)の行ったアンケート調査によると、約7割の人が1日15分未満で、サクッと使うツールのようだ。

 1万19件の回答を集計。まず、そもそもアカウントを所有し利用している人は2割弱。そのうち、1日1回以上アクセスする人は半数だ。閲覧やフォローだけでなく、写真や動画を投稿している人は6.7%、閲覧・フォローが中心という人が11.4%。アカウントは持っていないが、閲覧だけしているという人も8.6%だ。

 インスタの利用目的(複数回答)を見ると、「有名人・著名人などの投稿を閲覧する」がトップで48.8%。続いて、「友人・知人や家族などの投稿を閲覧し、近況を知る」、「興味がある分野の情報収集」などが各3割。10~30代では、「暇つぶし」という人も多い。

 「ツイッターやフェイスブックと比べると利用しやすく、色々調べやすい」「画像を眺めているだけで出先でも暇つぶしになる」という人がいる一方で、「写真を撮るためにご飯を食べたり、なんだか過程と結果が逆転していることに違和感がある」といった声もあった。