まめ学

バカラよりもルーレット!? オンラインのゲームに関する調査

イメージ
イメージ

 カジノが解禁になるまで、オンラインで気軽にと楽しむ人がいるかもしれない──インターネットリサーチを手掛けるNEXER(東京)は、オンラインテーブルゲームの提供を行う「IR PARK」と共同で「オンラインのテーブルゲームに関するアンケート」を実施。20歳以上のボイスノート会員940人が回答した。

 IR法案の可決もあり、日本でもカジノというワードを耳にすることが多くなった。すでにオンライン上ではバカラ、ポーカー等のオンラインテーブルゲームが盛り上がりを見せているとか。そうした中で、オンラインのテーブルゲームを習慣的に「プレイしている」という人は5.9%で「プレイしていない」という人は94.1%となった。

 続いて、「プレイしている」と答えた55人に、何のゲームをプレイしているか聞いてみる(複数回答)と、「ルーレット」が41.8%で最も多く、「ポーカー」が30.9%で続いた。よく、ニュースなどで話題になるバカラは21.8%で少数派。まずは、よく知っているルーレットやポーカーからという人が多いようだ。