まめ学

キッチンスポンジの交換頻度 正しい除菌方法は?

dirty pan in the kitchen sink waiting for cleaning バスタオル、シーツ、枕カバー。交換頻度が話題になる家庭用品は多い。今回はキッチンスポンジ。さて、どのくらい使ったら替えているだろう? 3,877人から回答を得た意識調査(プラネット・東京)の結果では、月に1回という人が一番多かった。

 全体平均で6割の人が月1交換。男女別では、月1回以上の合計は女性の方が高いが、週1回以上替える人の合計は男性の方が高い。年代で見ると、若年層は週1回以上が多いのが特徴で、30〜50代になると交換頻度が下がる。清潔志向とコストのバランスが難しいところなのかもしれない。交換するタイミングについては、「へたってきたら」という人が最多で、特に女性では7割を超えた。

 さて、梅雨時は特に気になる衛生対策。半数の人は「使用後、よくしぼって水気を切っておく」そうだ。だが実はこれだけでは足りず、汚れや洗剤などを洗い落とし、水気を切って乾燥させることが大切。使用後、水洗いして汚れや洗剤を落としたり、使わないときは乾きやすいところに置いておくことが肝要。

 除菌効果のある洗剤を使う人も多いが、洗い物のあと、よく絞ったスポンジにその洗剤を浸透させておく必要がある。「使用後、除菌効果のある洗剤を使って除菌する」ところまで実践している人は15%にとどまった。