まめ学

サバの人気は依然として高し! 缶詰に関する調査2019

サバ缶イメージ
サバ缶イメージ

 マルハニチロは、全国の20~59歳の男女で1年以内に缶詰を買ったことがある1,000人を対象に「缶詰に関する調査2019」を実施し、1,000人の有効回答サンプルを得た。

 まず、自宅に常備している缶詰の種類を聞いたところ、1位「水産物(さば、かに、ツナ〈まぐろ・かつお〉、さけ、あさりなど)」(84.8%)、2位「フルーツ(みかん、もも、パイナップルなど)」(37.2%)、3位「農産物(マッシュルーム、コーン、トマトなど)」(32.2%)となった。

 次に、自宅にあるとうれしいと思う缶詰の種類を聞いたところ、1位「水産物」(82.7%)、2位「フルーツ」(55.8%)までは順位が変わらなかったが、3位に「畜産物(焼き鳥、コンビーフ、うずら卵など)」(41.4%)がランクインしている。料理に欠かせない缶詰を聞くと「水産物」(67.3%)、「農産物」(30.3%)に次いで、「ソース(ミートソース、カレーなど)」(15.4%)が入った。

 いずれの項目でも「水産物」がトップ! 最近では「さば缶」が注目を集めているが、日本人にとって「水産物」の缶詰は切っても切り離せない存在であるようだ。

 それでは、好きな水産物の缶詰はどうかというと、1位「ツナ(まぐろ、かつお)」(81.3%)、2位「さば」(68.3%)、3位「さんま」(52.0%)の順に。最近1年間で食べる頻度が増えたと思う缶詰を聞いたところ、世間で注目された通り、トップは「さば」(42.7%)だった。「さば」の缶詰は、節約のために買いたい、美容・健康によい、お酒のおつまみでよく食べる──で1位になるなど、人気が高い。

 缶詰のどのようなところがいいかという質問では、「長期保存できる」(62.1%)、「常温で保存できる」(55.6%)、「すぐに食べられる」(54.7%)の順に多く、保存食の定番といった様子。また、普段の缶詰の利用目的を聞いたところ、「時短料理」(71.2%)がダントツで、以下「節約料理」(34.2%)、「お酒のおつまみ」(29.9%)、「災害用の備蓄」(22.6%)、「美容・健康」(17.0%)と、保存目的よりも利便性の高さが挙げられている。