まめ学

奄美の猫殺処分に反対意見 環境省の意見公募に数千件集まる

main

 一言で言えば、猫は殺処分しなければならないほど害ではない、という意見だ。環境省が主導する奄美のネコ3000頭駆除殺処分計画をめぐり、「奄美群島国立公園奄美大島及び徳之島地域管理運営計画」について環境省が実施しているパブリックコメント(意見公募)に、数千件を超える反対意見が送られたことが分かった。

 奄美大島のノネコに対する有害鳥獣捕獲許可の許可権者は、鹿児県知事。申請者は環境省で、捕獲を許可するためには、「被害の状況及び防除対策の実施状況を的確に把握した結果、被害等が生じており、原則として防除対策によって被害が防止できないと認められ、ノネコの生息数を低下させる必要があるほど強い被害がある、もしくはノネコの生息数を低下させる必要があるほど強い害性があると認められ、被害の恐れがある場合」という条件が満たされている必要がある。

 どうぶつ基金によると、環境省は証拠として「猫がアマミノクロウサギをくわえている写真」などを添付、さらにこのアマミノクロウサギの奄美大島での推定生息数について、2,000~4,800頭という2003年時点の古い数字を用いているという。だが、2015年時点の推定生息数は1万5,221~3万9,780頭。添付された写真も「ノネコの生息数を低下させる必要があるほど強い被害がある」ことの証明にはならないとしている。

 行政の意見公募で、数千件の反対意見が寄せられるのは異例とか。動物たちの生殺与奪の権を握る専門家の皆さん、新しいデータで子細な検討をよろしくお願いします!