SDGs

アカウミガメを保護 ライオンが生物多様性保全活動

img_189796_2

 自然との共生、という一言は、今や生活の隅々まで行き渡り、人間は日々さまざまな“宿題”に取り組んでいる。夏は海に行く機会も多いから、普段はあまり姿を見ることがないアカウミガメのことを考えてみよう。ライオン(株)が自社工場やオフィスがある地域の生物多様性保全活動の一つとして、和歌山県みなべ町で、アカウミガメの保護活動をしている。

 みなべ町の千里浜海岸は、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅危惧種」に指定されているアカウミガメの本州最大の産卵地。大阪府堺市で洗剤などを製造するライオン大阪工場では、ウミガメの卵や子ガメが野生のタヌキに襲われる食害が深刻化していたことをきっかけに、2010年から「NPO法人日本ウミガメ協議会」や「みなべウミガメ研究班」と連携、ウミガメの保護・調査活動をスタートした。

 工場の技術や資材を用いて、防護柵や竹網を製作、設置方法も含めて年々改良を重ね、2016年には食害ゼロを達成した。また海岸でのゴミの回収なども実施している。個人でできること、企業の技術や資金力でできること。少しずつの積み重ねが、地球の未来を描いている。