おでかけ

ホテルで重視するものは? 国際比較調査で見えてくる“国民性”

Suitcase in a large empty hotel room

 旅先のホテルでは、何に注目するだろうか?日本人はホテル内の施設より、自分が泊まる「室内の設備」を重視していることが、エクスペディア・ジャパンの国際比較調査で分かった。ホテル内のレストランや、プールを挙げる国もあり、こういうところにも国民性が表れるようだ。

 1年以内に飛行機に乗りかつホテルに宿泊した、世界23カ国の男女1万8,237人を対象にした調査。ホテルで重視するものについて聞いたところ、日本人は「Wi-Fi」「室内冷蔵庫」「無料アメニティ」がトップ3にランクインし、客室内の設備を重視する傾向。他国を見ると、例えば“美食の国”のフランス人は、「ホテル内のバーやレストラン」を重視する割合が世界一高かった。メキシコでは、プールを求める人が9割。プールに関しては、世界23カ国の平均で64%の人が重視すると回答しており、日本人の結果(23%)とは3倍近い差がついた。

 一方台湾では、宿泊者向けにホテル内で使えるスパやレストランチケットなど、いわゆる無料サービスが含まれているかどうかが重視されている。ブラジルでは「室内冷蔵庫」を重視する人が全体の95%だ。

 また「ホテル予約時に重視するもの」は、日本では 「価格」がトップ。芸術の国、イタリアでは「部屋のユニークさ」を求める割合が世界一。韓国では「部屋からの眺め」、台湾では「家族連れに優しい」かどうかが重視されていた。