まめ学

ぴあ映画初日満足度ランキング 愛犬の感動作続編がトップに

『僕のワンダフル・ジャーニー』 (C)2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.
『僕のワンダフル・ジャーニー』
(C)2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

 「ぴあ」スマートフォンアプリは、9月13日、14日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は、強い絆で結ばれた愛犬ベイリーと飼い主イーサンの奇跡を描いた感動作の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』。見た人の中からは「前作と比べると今回は人間模様をメインに描いていて感情移入しやすかった。愛する人を救おうと犬のベイリーが奮闘するところが見どころ。感情が伝わってきて泣いてしまった」(29歳・女性)といった声が出ている。

 一方、第2位は、中井貴一が記憶を無くした総理大臣を演じる三谷幸喜監督の新作コメディ『記憶にございません!』、第3位は、誰にでも訪れる最期の日々を支える職業を題材にした人間ドラマ『みとりし』だった。

************************************

1位『僕のワンダフル・ジャーニー』92.4点

2位『記憶にございません!』89.5点

3位『みとりし』89.2点

4位『ある船頭の話』88.5点

5位『今さら言えない小さな秘密』86.5点

6位『プライベート・ウォー』81.5点

7位『人間失格 太宰治と3人の女たち』81.0点

8位『サウナのあるところ』75.5点

(9月14日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。