まめ学

LINEと電車内広告がつながる! シームレスな情報配信

In the morning, many people, both men and women are standing and sitting on the subway who are travelling to work. In the city of Tokyo Japan
イメージ

 お店に入ると、その店のポイントやクーポン受信などができる「LINE Beacon」(LINE)。お店や自販機だけではなく、今度は電車内の広告とも連動するようになりそうだ。LINEとジェイアール東日本企画(東京)が共同で、LINEと車内広告の連携に関する実証実験をスタートする。

main

 車両内では、中づり広告などの紙媒体に加えて、デジタルサイネージを活用した動画広告も普及、広告の種類ごとの閲覧率に関する調査では、「電車の車内広告」がテレビに次いで54%と、かなり高い到達力を持っている。また、電車内広告を閲覧した後、スマホで気になった広告に関する情報を調べるという人も多い。

 そこで、山手線の車内に設置したLINEビーコンを活用し、中づり広告や「まど上チャンネル」等に表示される動画広告と、乗客のLINEとを連携。ビーコンを利用中の乗客のLINE上に表示されるバナー通知から、近くにある車内広告に関連したキャンペーン情報やクーポンを配信することが可能になるという仕組み。紙・デジタルを問わず、リアルタイムでシームレスな情報環境がさらに広がりそうだ。