まめ学

外国人と一緒に働いた経験ありの割合は? コミュニケーションが大事!

イメージ
イメージ

 エン・ジャパン(東京)は、サイト利用者4,233人を対象に「外国人と一緒に働くこと」に関するアンケートを実施した。今や職場においても国際化が進んでいるところが多いが、回答者のうち6割が「外国人と一緒に働いたことがある」という。

 外国人とどんな仕事で一緒に働いたか(複数回答)を聞くと、「販売・サービス・営業系のお仕事」(32%)が最も多く、第2位は「製造」(23%)だった。

 「外国人と一緒に働いたことがある」と回答した人に、一緒に働く上で工夫したこと(複数回答)を質問すると、効果的な工夫トップ3は「わかりやすい日本語で話す」(38%)、「積極的に話しかける」(27%)、「相手の話をよく聴くようにする」(27%)。コミュニケーションでの工夫が上位に挙がっていた。

 外国人と一緒に働いてよかったこと(複数回答)の第1位は「外国の文化や習慣に触れるきっかけになった」(34%)で、以下「外国の友達ができた」(31%)、「働く意欲・姿勢が刺激や学びになった」(29%)と続く。一方、困ったこと(複数回答)は「特になかった」(35%)が最も多かったが、第2位に「意思疎通」(27%)、第3位は「仕事に対しての価値観の違い」となっている。

 これから、ますます外国人が職場に進出するかもしれない。きちんとコミュニケーションを取って、互いを尊重し合えるようにしよう!