まめ学

転勤命令で会社を辞めたくなる? 1万人にアンケート調査

イメージ
イメージ

 転勤を命じられたら会社を辞めたくなる──そう考えている人が多いことが、エン・ジャパン(東京)が実施した「転勤」についてのアンケート調査でかった。回答したのは「エン転職」のユーザー1539人。 

  「転勤は退職を考えるきっかけになるか?」との問いに、64%が「なる」(なる:31%、ややなる:33%)と回答。年代別にると、若手になるにつれ影響度が大きく、男女別にると、男性より女性の方きっかけになる様子だ。ただ、「これまでに、転勤を理由に退職したことはあるか?」との質問に対して、「退職したことがある」と答えた人はわずか5%にとどまる。年代が上がるにつれ、退職割合が高まり、男女別では、女性よりも男性の方が退職経験が多い。 

  ちなみに、転勤を理由に退職した人のエピソードをみると、「転勤なしで入社したにもかかわらず、入社後2週間で転勤になったため」(25歳男性)と笑うに笑えない理由もあるが、「母の体調が悪く、自宅から通える範囲からは離れたくなかった。今後も転勤話は出るため」(30歳女性)と看護や介護など家庭の事情によるものも少なくない。家を新築したという理由も目を引いた。 

  退職を考えるきっかけになりながらも、今後、転勤辞令が出た場合の対処法を聞くと63%が「承諾する」(承諾する:13%、条件付きで承諾する:50%)と回答。男女別では、女性より男性の方が承諾する割合は高い。「条件付きで承諾する」と回答した人に、承諾条件をところ、トップ3は「家賃補助が出る」(73%)、「昇進・昇給がある」(56%)、「転勤期間が決まっている」(55%)だった。 

  一方、「条件に関係なく転勤を拒否する」と回答した人に、理由を聞くと、トップ3は「配偶者も仕事をしているから」(34%)、「子育てがしづらいから」(34%)、「親の世話・介護がしづらいから」(33%)となっている。年代別にみると、20代は「新しい土地に慣れることが大変だから」(40%)、30代は「子育てがしづらいから」(46%)、40代以上は「親の世話・介護がしづらいから」(41%)がそれぞれ最多なっており 年代によって状況が異なる。男女別では、男性は介護、女性は子育てを理由に挙げる人が多い。 

 過去の転勤有無を聞くと、26%が「転勤したことがある」と回答。年代別では、20代16%、30代25%、40代36%男女別では、男性37%、女性15%となっている。転勤して良かったことのトップ3は「人間関係が広がった」(55%)、「自身の能力が向上した」(39%)、「業務範囲が広がった」(37%)だった。