まめ学

大学1、2年生が就職したい企業ランキング やっぱり公務員は強い!

イメージ
イメージ

 リスクモンスター(東京)は、第5回「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」調査結果を発表した。

 それによると、ランキング1位は「地方公務員」(27.5%)、次いで「国家公務員」が2位(19.5%)と公務員がワンツーフィニッシュとなった。3位は「グーグル(Google)」(9.3%)、4位「アマゾン(Amazon)」(6.3%)、5位「LINE」(5.5%)と続き、公務員を除くと民間企業では、学生が日頃からスマートフォンなどでよく利用するIT関連企業の人気が上昇している。

 ベスト20を見ると、業種としては食料品製造業が3社(明治、味の素、日清食品)と電気機器製造業が3社(ソニー、アップル、パナソニック)で最も多く、次いで航空運輸業が2社(全日本空輸、日本航空)がランクインした。いずれも学生にとって日常生活で身近な商品・サービスを扱っている企業に人気が集中している。

img_196884_1

 また、前回との比較では、「地方公務員」が5回連続のトップに! 前回3位に転落した「国家公務員」は2位の座を「アップル」から奪還した。なお、「グーグル」が民間企業トップの座についてのは初めてで、ほかでは「日本赤十字社」(前回89位→今回9位)と「日本郵便」(前回89位→今回15位)の急上昇が目を引いた。

 官民別の就職先の志望割合としては、半数近くが「国内民間企業」(回答率45.7%)を希望する一方で、約3人に1人は「公務員」(同30.5%)を希望する結果に。特に「公務員」の志望割合は1年生より2年生、女性より男性において高い傾向にある。

 就職先として望む企業を男女別に見ると、男性が望む就職先のランキング1位は「地方公務員」(回答率28.3%)となり、「国家公務員」(同20.7%)が2位、「グーグル」(同12.3%)が3位。女性が望む就職先のランキング1位は「地方公務員」(回答率26.7%)となり、次いで「国家公務員」(同18.3%)が2位、「明治」(同7.7%)が3位となった。男性は「グーグル」、「アマゾン」、「アップル」などのGAFAと呼ばれる先進の米大手IT関連企業に対する人気が高い一方、女性は「明治」、「味の素」、「森永乳業」などの食品メーカーへの人気が高かった。

 一方、将来望む就業の形としては、1年生においては「出世して高収入を得たい」という意向が強いが、2年生では「優良企業で安定的に働きたい」といったように、現実的な考えに変わるようだ。就職先の選定において気になる点では「給与額」(回答率50.3%)が1位、「勤務地」(同36.5%)が2位、「福利厚生」(同27.8%)が3位となっている。

 また、大学1、2年生に対して、就職活動に備えて取り組んでいることを確認したところ「授業の履修」(同42.5%)、「特に何もしていない」(同31.5%)、「アルバイト」(同31.3%)の順となった。