まめ学

日本で最も価値のあるブランドは? 英WPPグループが調査

 

_prw_PI3lg_m3BllU89

 WPPグループ(英国)とグループ企業であるKantar(カンター)はこのほど、世界におけるブランド価値を測る年次調査「ブランドZ トップ50 最も価値のある日本ブランドランキング」を発表した。

 それによると、1位を獲得したのはブランド価値総額289億ドルのトヨタ。2位には通信プロバイダーのNTT(日本電信電話)(201億ドル)、3位にはホンダ(117億ドル)がランクインした。

_prw_PI2lg_FtKJTtvg

 ブランドZ調査は、世界最大のブランド資産価値調査。財務データの分析と綿密な消費者調査結果を組み合わせ、ブランドが企業にもたらす価値を評価している。ブランド資産データベースとして、過去20年間にわたって世界51カ国380万人を超える消費者にインタビューを行い、これには8万人を超える日本の消費者への調査も含まれている。

 カテゴリー別で見ると、自動車カテゴリーはトヨタとホンダが主導しており、トップ50ブランドの中で、最も価値のあるカテゴリーとなっている。今回ランクインした自動車6ブランドが、ランキング総額の25%(547億ドル)を占めており、トヨタ、ホンダ、日産(5位、105億ドル)の3ブランドは、「世界で最も価値のある自動車ブランドランキング」でもトップ10にランクインした。

 一方、小売およびアパレルカテゴリーでは、ランキングトップ50にカテゴリー別最多の13ブランドがランクインしており、そのブランド価値の総額は全体の18%(397億ドル)を占める。この中には、フリマアプリで知られる、メルカリ(47位、7億6,100万ドル)やファッション通販サイトのZOZOTOWN(16位、45億ドル)も。不況時代に育った多くの若年消費者にみられる慎重な消費スタイルに代表される、倹約・節約といった消費者トレンドへの転換に適応してきたブランドだ。

 実店舗を持つ従来型の小売ブランドでは、新たな戦略や新たな小売形態の開発が進められている。ミニマリストスタイルのホテルを商標登録した無印良品(32位、18億ドル)。温度調整と着心地のよさを実現するベーシックな衣料品ラインアップを持ち合わせながら、ポップカルチャーとのコラボレーションとウェアラブルテクノロジーを組み合わせるユニクロ(7位、98億ドル)。そして自転車シェアリングサービスや宅配ロッカー、自社ブランド自販機の設置を進めるセブン-イレブン(8位、89億ドル)などは、消費者がブランドに対して感じる関連性や意義性を維持していく上で、日本の小売ブランドがどのように適応しているのかを示すいくつかの例といえそうだ。