まめ学

新語・流行語大賞を予想! 検索回数からトップになりそうなのは?

1_normal

 NTTレゾナント(東京)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」はこのほど、「goo」のアクセスログとNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、「現代用語の基礎知識 選『2019ユーキャン新語・流行語大賞』」ノミネート30語の検索回数を比較、新語・流行語大賞を予想した。

 それによると、検索回数から大賞が予想されるのは「○○ペイ」。「○○ペイ」は、スマートフォン決済の各種サービス名に採用され、昨年から今年にかけて、大手企業によるサービス開始が続いたことや、10月の消費税率引き上げに伴うキャッシュレス・ポイント還元事業などもあり、2019年は特に注目を集めたキーワードだ。加えて、2019年は「○○ペイ」系サービス各社の大規模なキャンペーンが開催され話題になったことから、情報収集のために検索された様子。その結果、ノミネート語全30語中、検索回数トップとなった。

2_normal

 2位にランクインしたのは、「令和」、3位は「あな番(あなたの番です)」だった。