まめ学

令和最初の忘年会シーズン 幹事はどんなお酒を用意する?

イメージ
イメージ

 今年も忘年会シーズンがやってきた。酒飲みほぼ100人に聞くアンケート「酒飲みのミカタ」の今回のテーマは令和最初の忘年会。あなたが幹事になったら、どんなフードやドリンクを用意するか、また、どんなニュースが話題になりそうかを聞いてみた。

 まず、仲間との少人数の忘年会でのドリンクについて聞くと「個々に好きなものを注文できるようにする」が37%でトップ。ビール、ハイボール、地酒、焼酎、ワインなど、酒好きたちの好みはさまざまで、忘年会でも自分の好きな酒や銘柄を選んで楽しみたいということだろうか。

 僅差で続いたのが「プレミアム飲み放題」で35%。ビールがプレミアムビールになるなどグレードがワンランクアップし、選択肢も豊富になるこの種のプランは酒好きたちからも支持されているようだ。あらかじめ支払額を確定させられる飲み放題は、幹事の負担を軽減させる。酒好きな参加者と世話役(幹事)の落としどころとも言えそうだ。

1_normal

 上下関係に気をつかう少しオフィシャルな忘年会では、幹事役はフード&ドリンクに関してどんなところに気を配っているのだろう。アンケートでは「参加者にさまざまな事情で避けなければならない食材の有無を確認する」とした人が44%。現代の日本では健康上の理由で控えている食材がある人、肉類を食べないベジタリアンや乳製品など動物性のものを一切取らないヴィーガン、宗教上の理由で食にタブーがある人も少なくない。この項目がトップになったことは、食への姿勢が多様化したことと強く関係していると言えそうだ。

 

 気の置けない仲間との、自宅での忘年会で用意するドリンクを聞いたところ、上位には「ジンジャーエールやソーダなどの発泡性のソフトドリンク」(58%)「ノンアルコールビール」(49%)」「ペットボトルのお茶」(46%)など、ソフトドリンクが並ぶ。飲み会のイメージが強い忘年会だが、参加者には飲めない人や飲まない人もいる。場を共有する人たち全員が楽しめるような配慮は重要だ。

 今年の忘年会で話題になりそうなニュースは、1位「キャッシュレス化の進行」(51%)、2位「ラグビーW杯での日本代表の活躍」(48%)、3位「消費税の増税」(46%)だった。